fc2ブログ
「かぼちゃと切り昆布の炒め煮」よく作る煮物の1つです。


かぼちゃと切り昆布の炒め煮
那須で叔母さんにもらってきたホクホクのかぼちゃを煮ました。
この煮物はかぼちゃが甘くて、昆布がしょっぱくて美味しいです。
作り方はこちら


春菊と白菜の胡麻和え
もう1つ、お気に入りの「春菊と白菜の胡麻和え」を作りました。

春菊1束、白菜、しめじ、にんじんを合わせて400gもの野菜で作ります。
炒り白ごま大さじ3をすり鉢で擂って、砂糖大さじ2、しょうゆ大さじ1.5で味付けして、
茹でて食べやすく切った野菜を入れて和えるだけ。

このレシピは、昔「きょうの料理」を見ていてメモしておいたもので、
美味しいので今もこの分量で作り続けています


和定食
夜は和定食
(肉じゃが、玄米ご飯、かぶとかぶの葉と油揚げとねぎの味噌汁、カリフラワー、野沢菜漬け、
胡麻和え、かぼちゃと切り昆布の炒め煮、大根の葉の炒めもの)

旬の野菜をたくさん食べられる和食は、やっぱり食べていてホッとします
1ヶ月前位に仕事で行った伊那市で、
B級グルメローメンのセットをスーパーで買ってきたので自宅で作ってみました。

ローメンとは、炒肉麺(チャーローメン)とも呼ばれ、マトンなどの肉と野菜を炒め(炒肉)、
蒸した太めの中華麺を加えた長野県伊那地方の特有の麺料理である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3


ソースローメン
買ってきたのは、伊那市にあるシャトレというお店のソースローメン。


お鍋で煮込んで
シャトレのHPにのっている作り方を見ながら作ってみました。

硬くて茶色い麺を茹でて、湯を残しておいた中に、お肉や野菜、ソースを入れ煮込みます。
不思議な作り方…。美味しいのかちょっと不安


出来上がり
出来上がり♪見た目は焼きそばと一緒ですね。

色々なお店の食べ方を見ていたら、お好みの調味料で好みの味付けをしながら食べるみたい
だったので、我が家でも数種類を用意してお店で食べるみたいにしてみました。

ごま油、ウスターソース、マヨネーズ、しょうゆ、酢、胡椒、にんにくすりおろし、一味、七味、カレー粉等
ソースローメンだったからか、にんにくすりおろしやカレー粉は合いましたが、酢は全然だめでした

「本場の味も一緒かな?」あまり美味しいものではありませんでしたが、ちょっと気になります


伊那商工会議所公式WEBサイト
http://www.inacci.or.jp/contents/meibutu/rohmen/rohmen/rrohmen.html
この間東京で行ったおせんべいやさん「播磨屋」の
注文していたお試しセットが3日で届きました


嬉しくなるような綺麗な箱
郵便で届いたのはこんなに綺麗な箱に入ったおせんべい。


丁寧な梱包
開けてみると、すごく丁寧な梱包。とてもお試しセットとは思えません。


こんなに!!
内容もすごい!この前食べた全種類のおせんべいが綺麗に入っていました。
160円で本当にすばらしいサービスですね。

このように素晴らしいお店の無添加おせんべい。
美味しくないはずはありません。
もう一度味見をして、好みのおせんべいを注文してみようと思いました

日本一おかき処 播磨屋本店
http://www.harimayahonten.co.jp/